• 2014/08/01

                  - すべての社員にoff-JT(職場外研修)研修のチャンスを提供 -


                                                          平成26年8月1日


    1.人間の能力とやる気を信じています。だから、なんとかすべての社員に研修のチャンスを与えたいです。

     R&Dが平成26年8月1日から、人材育成戦略「すべての社員に研修のチャンスを提供」を策定しました。

     SMBCコンサルティング様のお力をお借りし、R&Dがすべての社員にoff-JT(職場外研修)のチャンスを提供し始めました。

     

    2.変化の激しい現在、企業は人材育成において、他社よりも早く適切な対策を講じ、人材の底上げを実現していかなければなりません。

     それが、R&D経営の大きなアドバンテージとなるからです。

     

    3.人材育成は、R&D経営の根幹にかかわるテーマです。

     能力の開発を行い、人材の成長によって経営理念の実現、企業業績の向上を目指していくことが、R&Dの大きな目的があることは今も昔も変わりません。

     一方、従業員は自分の能力が高まることによって成長を実感し、昇格・昇進や報酬の上昇に結び付くものと期待します。このように人材育成は、R&Dと従業員の双方が将来的にメリットを受けることを期待して行われます。

     

    4.R&Dの強みは「個の力」を集めた「組織力」にあります。

     厳しい経営環境の中にあって、いかに効率よく人材に投資し、経営に貢献する人材を育てていくか。このことが、これからのR&Dの生き残りに関わってきます。

     そのためには、自社の人材育成の目指す方向性(求める人材像)を示し、それを実現するプランを立てなければなりません。

     大切なのは、経営計画と連動した人材育成体系を構築し、その中での重要度、緊急度を考えながら、事業ニーズに応えていくための施策・研修メニューへと落とし込んでいくことです。

     同時に、受講する従業員にとっても動機づけとなり、魅力あるものにしていくことが求められます。

     

    ・本件に関する問い合わせは、総務人事部・渡部(メール:k-watabe@rl-dj.com、電話:03-6231-1328)までお願いします。